大塚新聞は東京・大塚の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

【歴史】大塚の街をひもとく vol.1 ~巣鴨村に「大塚駅」~

「大塚駅」南口の様子

「大塚駅」南口の様子

大塚は古くから栄えている歴史ある街ですが、実はその歴史をあまり知らない方も多いのではないでしょうか。

「大塚はいつから大塚なの?」
「昔はどんな場所だったの?」

皆さんが暮らし、働き、遊ぶ「大塚」。そんな大塚の歴史を、一緒にひもといていきましょう。

「大塚駅」の始まり

現在、多くの人は「大塚エリア」といえば「大塚駅」周辺をイメージすると思いますが、もともとの「大塚」は「大塚駅」より1kmほど南にある現在の文京区の地名です。

「大塚駅」の歴史は、1903(明治36)年、「日本鉄道」(のちの「国鉄」、現「JR東日本」)が、当時の北豊島郡巣鴨村に「大塚停車場」(現「大塚駅」)を設けたことに始まります。

駅舎は現在の南口側に設けられました。当初は、この土地の古くからの字名「宮仲停車場」となる予定でしたが、ここから東京市内としては一番近い小石川区(現・文京区)の地名を採って「大塚停車場」と命名されました。

出典:『西巣鴨町誌』 1932年 西巣鴨町役場

出典:『西巣鴨町誌』 1932年 西巣鴨町役場

上写真は1932(昭和7)年頃の「大塚駅」です。

bty

JR「大塚駅」南口

上写真は現在の「大塚駅」の南口です。

ちなみに、巣鴨村の東隣には巣鴨町もあり、駅はその町村界付近の巣鴨村側になります。現在の住所でいうと、北大塚二丁目と南大塚三丁目は巣鴨村、北大塚一丁目と南大塚一・二丁目は巣鴨町でした。

「巣鴨村」「巣鴨街」だった大塚

出典:『東京府北豊島郡巣鴨町西巣鴨町全図』 1929年の一部

出典:『東京府北豊島郡巣鴨町西巣鴨町全図』 1929年の一部

上の地図は1929(昭和4)年に発行された地図の「大塚駅」付近。駅の東側に西巣鴨町と巣鴨町の町界線が描かれています。

明治末期の1911(明治44)年には「飛鳥山上停留場」(現「飛鳥山停留場)・「大塚駅」(現「大塚駅前停留場」)間に王子電気軌道(以下「王電」、現・都営荒川線)が開業。さらに1913(大正2)年には、東京市電(のち都電)大塚線が延伸され「大塚駅前停留場」が開業。3線が集まる交通の要衝となったことで、「大塚駅」周辺は、大正中期頃には城北有数の繁華街へと成長しました。

さらに「王電」は1925(大正14)年以降、「大塚駅」の南西・雑司ヶ谷方面へ延伸されていきます。

出典:『西巣鴨町誌』 1932年 西巣鴨町役場

出典:『西巣鴨町誌』 1932年 西巣鴨町役場

上写真は1932(昭和7)年頃の様子で、左の通り上に見えるのが市電の終点。右の通りは「天祖神社」に向かう参道で、アーチには「大塚仲見世聯合會」の文字が見えます。

現在の大塚駅前

現在の大塚駅前

上写真は現在の同地点付近からの撮影。

駅前は、戦災復興のため、東京都により「第13地区復興土地区画整理事業」が施行されました。このあたりは駅前広場となったため、道路や建物に面影は残っていません。右に見えるバス停は、1970(昭和45)年に廃止された都電大塚線(都電16番系統)の代替となった都営バス・都02系統の起終点で、市電時代に始まり一世紀以上、起終点としての役割を担っていることになります。

西巣鴨町、東京市、そして豊島区へ

巣鴨村は1918(大正7)年に町制を施行し西巣鴨町となり、さらに1932(昭和7)年、東京市に編入され、西巣鴨町、巣鴨町などが合併し豊島区が誕生しました。1969(昭和44)年、住居表示実施に伴い「大塚駅」の北側に「北大塚」、南側に「南大塚」という新町名が誕生、「大塚停車場」の開設より60年以上を経て、駅前の正式な住所に「大塚」が入るようなりました。

北大塚三丁目交差点

北大塚三丁目交差点

上の写真は「北大塚三丁目交差点」で、左に見える公園が「宮仲公園」。宮仲の地名は前述の通り、当初駅名に予定されていました。この交差点は新旧の地名が交差する場所にもなっています。

 

<編集部のひとこと>

年末に取材した「天祖神社」は実に700年の歴史を持つ神社。神職さんも、「天祖神社はこのあたりが巣鴨村のころから、この鎮守し続けてきたんですよ」と教えてくれました。今の「大塚」に残る「巣鴨」を探してみるのも面白いかも?

Share (facebook)

大塚マップ

大塚新聞内で特集された情報を紹介しています。