大塚新聞は東京・大塚の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

大塚新聞について
大塚は山手線の駅があるまちの中でも
比較的地味な存在かもしれません。
でも、だからこそ
地域に根差したメディアが必要なのではないか。
このまちの魅力をあらためて発掘し
大塚に関わるすべての人に伝えることで、
また、取材活動を通じて人と人をつなげることで、
地域の力を引き出し、さらに盛り上げていくことが
できるのではないか、と私たちは考えました。

偉そうなことを書きましたが、
もちろん、読者のみなさんのご協力がなければ
大塚新聞は成り立ちません。
まだまだビギナーではありますが
このまちを盛り上げる仲間として
迎え入れていただけると幸いです。

大塚について
江戸時代、この地域は巣鴨村と呼ばれていました。
明治36年、日本鉄道の大塚駅(現在のJR大塚駅)が開業。
その後、駅名に合わせて地名が
「南大塚」「北大塚」に変更されました。
現在は豊島区の中心として池袋が栄えていますが
戦前は大塚が城北の繁華街として栄えていました。
日本の百貨店の先駆的存在である白木屋の分店があったほか
最盛期には700人もの芸者が在籍する花街として
賑わいをみせていました。
山手線で唯一、都電荒川線の乗換駅でもあります。
2013年に駅ビルが完成。
合わせて周辺でも新店舗やマンションの建設が増えるなど
より便利で住みやすいまちへ変貌しつつあります。

取材について
大塚新聞は読者参加型のWebマガジンです。
「気になるお店があるんだけど」「こんな面白い情報知ってるよ!」など
取材のリクエストや大塚に関するみなさまからの情報をぜひお寄せください。
お問い合わせはこちら

記事について
肖像権の観点から、なるべく個人を特定できるような写真を掲載しないように心掛けています。
万が一写っており、削除を希望される場合は随時対応させていただきます。
お問い合わせはこちら

大塚新聞 編集部
お問い合わせはこちら