大塚新聞は東京・大塚の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

【Otsuka Writing Lab.参加者作品】「大塚ものがたり」クラフトビールが誕生しました!醸造するのは、豊島区初のブルワリー「NAMACHAん Brewing」

大塚新聞主催で行われた「Otsuka Writing Lab.」では、課題として参加者の皆さんに大塚新聞に掲載する記事を書いていただきました。
→イベントレポートはこちら!
今回はその中から東邦レオ賞を受賞した、たしろさんの「『大塚ものがたり』クラフトビールが誕生しました!醸造するのは、豊島区初のブルワリー『NAMACHAん Brewing』」を掲載いたします!

__________________________________________


ご当地ブランド「大塚ものがたり」シリーズ

最初に、大塚の地域ブランド「大塚ものがたり」について簡単にご紹介します。
大塚の街を盛り上げようと、JR大塚駅南口の3つの商店街の経営者の皆さんが中心となって結成した「南大塚ネットワーク」が発売している「大塚ものがたり」。
現在では、日本酒、焼酎、お米、どら焼き、味噌、かりんとうなど豊富なバリエーションで展開されています。新たに今回、この地域ブランドにクラフトビールが仲間入りしました。

otsuka_monogatari_2
*「大塚ものがたり」クラフトビールは「要冷蔵」のビールです。写真内の商品は、あくまでサンブルとして陳列されているものです。


「大塚ものがたり」クラフトビール誕生のきっかけ

「大塚ものがたり」クラフトビールを販売しているお店のひとつ、大塚三業通りにある「上州屋」の山口誠一郎社長に、誕生の背景などをお伺いしました。

otsuka_monogatari_1

otsuka_monogatari_3

「2017年に『スモークビアファクトリー大塚店』が開店して、商店街に加盟してくれて、(店長の米澤さんから)ビールを自家醸造する予定という話を聞いて、(スモークビアファクトリーの)山崎社長を紹介してもらいました。
そこで、大塚の街を盛り上げるため、地域ブランドを立ち上げていて、その商品としてクラフトビールを作ってもらえないかと依頼。快くお引き受けしていただきました」

otsuka_monogatari_4

その後に開催された試飲会で、ベルジャンホワイト(Belgian White)というベルギー発祥のホワイトビールに決まったそうです。
JR大塚駅南口駅前広場「トランパル大塚」で、2018年7月5日と6日に開催されたビアガーデンで、生ビールとして初めて提供。10月27日と28日に開催された「大塚商人祭り」で初めて、瓶入りのクラフトビールとしてお披露目、一般発売されました。
現在は「上州屋」以外にも「田村食料品店」で購入したり、「ライブレストラン All in Fun」「Dining bar 海」でもいただけるというこのクラフトビール。
「これからもいろいろな飲食店で扱い、いっしょに、今が旬の大塚の街を盛り上げていただきたい」と、山口社長はおっしゃられていました。


「NAMACHAん Brewing」による醸造

そして、このビールを醸造しているのは、「スモークビアファクトリー大塚店」に併設された豊島区初のブルワリー「NAMACHAん Brewing」。
2017年6月1日に、大塚三業通りに開店した「スモークビアファクトリー大塚店」は、大塚新聞でも、昨年ご紹介させていただきました。

クラフトビールと燻製料理のマリアージュが楽しめるお店、「スモークビアファクトリー大塚店」に行って来ました。(2017年10月25日公開)
http://otsukatimes.com/171024smokebeer.html/

otsuka_monogatari_8

2018年6月1日からは「NAMACHAん Brewing」で、自家醸造ビールの提供が開始。今日まで、多くのクラフトビールのファンたちを引きつけてきました。
「スモークビアファクトリー大塚店」の店長でもあり醸造も担当されている、米澤さんにお話をお伺いしました。

otsuka_monogatari_5

「この大塚三業通りに開店をするにあたって、地元の商店の方たちにはタンクを運ぶのを手伝っていただいたり、お世話になりました。恩返しをしたいという思いで、ぜひ「大塚ものがたり」のクラフトビールを作らせていただきたいと思いました」
では、この「大塚ものがたり」のクラフトビール、どういうお味なのでしょうか。

otsuka_monogatari_7

otsuka_monogatari_6

「ビールのスタイルは、ベルジャンホワイト(Belgian White)という、コリアンダーやオレンジピールを使って醸造される、ホワイトビールです。ビールがあまり得意ではない方、女性の方にもおいしく飲んでいただけるという点で、このスタイルに決まりました」
小麦の甘味、そして、爽やかな柑橘の風味のオレンジピールと、わずかにスパイシーなコリアンダーの風味が合わさって、非常に飲みやすいビールとなっています。
「スモークビアファクトリー大塚店」では、この「大塚ものがたり」クラフトビールを生ビールで提供されています。
他にも、こちらのお店ならではの、燻製用チップを配合して自家燻製した珍しい燻製ビールもいただくことができます。ぜひ、ホワイトビールだけではなく、他のスタイルで醸造されたビールも楽しんでみてください。


おわりに

大塚を盛り上げたいという「南大塚ネットワーク」の経営者の方々の熱い思いと、豊島区初のブルワリー「NAMACHAん Brewing」の卓越した醸造の技術によって誕生した、「大塚ものがたり」クラフトビール。
大塚の街にいらっしゃった際には、ぜひこの記事の中でご紹介したお店でご購入、ご注文していただき、大塚の新しい名物として「大塚ものがたり」クラフトビールを楽しんでください!





記者:たしろ
大塚(文京区のほうの大塚)に居住しておよそ20年。暮らしてみたら、いつのまにか居心地がよくて、人生の中でいちばん長く住んでいるところになりました。
趣味は、飲食店めぐり(お酒ならビールや日本酒)、読書(小説やノンフィクション)、旅行など。

Share (facebook)

大塚マップ

大塚新聞内で特集された情報を紹介しています。