大塚新聞は東京・大塚の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

【Otsuka Writing Lab.参加者作品】新大塚から文京区と豊島区のハザマを歩く

大塚新聞主催で行われた「Otsuka Writing Lab.」では、課題として参加者の皆さんに大塚新聞に掲載する記事を書いていただきました。
→イベントレポートはこちら!
今回はその中から見事最優秀賞を受賞した、あらがきひろこさんの「新大塚から文京区と豊島区のハザマを歩く」を掲載いたします!
大塚の街をよく歩いているというあらがきさんの書いた、のんびり優しい大塚散歩のようす。ぜひ読者の皆さんも一緒に歩いている気分でお楽しみください。

__________________________________________

DSC_3189

新大塚から地下鉄の東池袋方面へ向かって、のんびり歩いてみませんか。
そこは文京区と豊島区が、めまぐるしく入れ替わる、いま何区にいるのかわからないエリア。二つの区の境目、昭和の生き残りみたいな穏やかな通りを、すこしご紹介します。


春日通りの裏道

新大塚の駅、池袋方面行きの出口には文京区大塚4丁目の表示板があります。ここから地下鉄の東池袋を目指すように歩いてみましょう。
春日通りを横断して、不動産屋と洋品店の間に入ると、ここは文京区大塚5丁目。右へ曲がり鈴木信太郎記念館の方向へ進みます。いかにも大通りの一本裏の道といった風情の、静かな道に、小さな喫茶店や、帽子の学校があり、文京区大塚の地番を確認しながら進んでいくと、鈴木信太郎記念館の石垣から「豊島区東池袋5丁目」が始まります。記念館は豊島区東池袋ですが、道を挟んだ向かい側は文京区大塚。道が区境のようです。ふんふん。
そのまままっすぐ歩くと、道は坂下通り方面へカクっと左に曲がります。ここに建つマンションの入り口をはさんで、左右に貼られている地番のプレートは、右が東池袋、左が大塚となっていて、境目になる道もありません。しれっと大塚と東池袋が並んでいます。
郵便配達の人は、どうやって配っているのか気になるところです。


坂下通り

DSC_3203

そのまま道なりに坂下通りに出て、豊島郵便局の方向へ向かって歩きます。坂下通りでは、現役の「角のたばこ屋さん」や、なつかしい佇まいの銭湯、お豆腐屋さんに出会うことができます。
しばらく文京区大塚が続いて、坂下通りのまいばすけっとの角を右へ、春日通りに抜ける坂の道を上ってみると、途中左手のピンク色の塀まで文京区大塚、その先は東池袋になります。
地番が東池袋になったところに、民家のガレージを改造したような、自家焙煎のコーヒーショップ「冨久豆」さんがあります。
南大塚で育ったとおっしゃるお店のマダムにお話を伺うと、「ここは、住所は東池袋だけど池袋っていうよりは、大塚よ」とのことで、周辺は「どこが大塚でどこが東池袋か本当に複雑で、町会とかがどうなってるのか、わたしもよくわからないのよ」と笑っておっしゃいます。自宅用のコーヒー豆を200g購入、豆が焼けるのを待つ間に、丁寧にハンドドリップしたコーヒーをマグカップにたっぷりサービスしてくれます。


東池袋へ続く商店街

DSC_3207

坂下通り、「肉のみやなが」さんから左斜め方向へ、東池袋方面へ抜ける道は、文京区の共盛会商店街と豊島区の日出優良商店会がつながっています。
入り口のみやながさん、屋号は経営者の苗字ではなく、文京区の旧町名、根津宮永町にちなむそうです。こちらでよく求めるのが、お母さんがじっくり7分かけて揚げてくれる手羽先のから揚げ。表面はパリッと、あつあつのお肉がじゅわーな逸品。家飲みビールが進みます。お値段も超お得なのですが、これは実際に足を運んでお確かめいただきたいと思います。みやながさんは文京区大塚6丁目。お店の壁に旧町名「大塚坂下町」のプレートが張られています。

DSC_3215

みやながさんを越して少し行くと、八百屋さんがあって、そこはみやながさんと同一ブロックなのに豊島区東池袋の表示があります。裏手のお豆腐やさんも東池袋。でも次の角からまた文京区大塚に戻って、お花屋さん、食料品店、蒲鉾屋さんまでは文京区大塚、城北信用金庫さんから先は豊島区東池袋になります。
東池袋エリアになってからも、パン屋さん、お肉屋さん、お豆腐やさん、八百屋さんなどがあって、この通りを通れば、大手のスーパーに行かなくても、晩ごはんの仕度ができてしまうのです。

この通りは、かつてはとても賑わう商店街だったそうです。今でも、毎日顔を合わせるお店の方々は、たとえ今日は買い物をしなくても、笑顔で「おはよう」や「おつかれ」と声をかけてくれます。
のんびり歩きながら、個人商店でお店の人たちと他愛もないおしゃべりをして、必要なものだけを買って帰る、こんなお買い物が出来るのも、ひととひとの距離が近いまちだからなのかもしれません。





記者:あらがきひろこ
福島県出身、豊島区南池袋在住。
過去通算約4年、徒歩通勤で新大塚のオフィスで働いている間に、大塚好きに。勤務地が変わった現在も、一駅ウォークを兼ねて平日の帰りは新大塚駅から豊島区役所近くのアパートまで道草食いながら歩いています。

Share (facebook)

大塚マップ

大塚新聞内で特集された情報を紹介しています。