大塚新聞は東京・大塚の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

青い提灯が目印のお店、地元密着型を目指す大衆イタリアンバール『青イ印』に行ってきました〜!

皆さん、こんには〜!
大塚新聞の黒田です。

大塚といえば、天祖神社。その近くに、新しい大衆イタリアンバールが出来たの知っていますか?
お店の名前は『青イ印』。その名の通り、青い提灯が目印です。
店主の大島さんは、「大塚という街を盛り上げたい」という思いから、
料理人のテツヤさんとともに「地元密着型」のお店を目指し、
昨年の1月5日にここをオープンしたのだそう。

01

地元密着型……? それって『大塚新聞』の掲げる目標と一緒じゃないですか。
これは気になる!
ということで、早速お邪魔してきました。こんにちは〜!

02

大島さん
「こんにちは! お待ちしてましたよ」

こちらが『青イ印』のオーナー、大島さん。
元々は某企業のラグビーチームに所属し、ほぼセミプロに近い状態でバリバリ活動していたという大島さん。現役引退と同時に、京橋で先輩が会社を立ち上げたのを手伝う形で外食産業に参入したのが、「食」を仕事にするキッカケだったのだとか。

大島さん
「選手時代から、いろんなところに食べに行くのが好きだったんですよね。
で、そのうちに『食を通して人と人をつなげることが出来ないかな』と考えるようになったんです」

仲間とともに会社を立ち上げた大島さんは、新潟の蔵元とコラボする形で「幻の生原酒」と銘打ち、飲食店限定で卸したり、プレイングマネージャー(現場の最前線で売上や利益に貢献する実務を担当する一方、部下の育成や指導を行う管理職を兼任する人)という形で、店舗運営を任されたり、滝にわたる活動をするようになっていったそうです。

03

大島さん
「これまでは、僕がカラダひとつで現場へ行くやり方をしていたんですけど、それだとなかなか『拠点』が出来ないんですよ。それがずっと悩みで。どこかに自分のお店を構え、そこを拠点に情報を集めたり、こちらから発信したら、もっともっと色んなことが出来るんじゃないか?って思ったんですよ」

そういう経緯もあり、物件を探していた時に現在の場所を見つけたという大島さん。すでに、様々なアイデアが頭の中を駆け巡っているようです。

大島さん
「ここって、天祖神社の目の前にあるんですよ。他にもお店が立ち並んでいるのに、夜になると真っ暗になってしまうんです。なので、例えばここを“ご縁の神様”である天祖神社にちなみ、『縁結び横丁』なんて名付けて、新しい名所にできないかな?って思っているんです」

04

大島さん
「アーケードを作ったり、夜になったら通りに提灯を灯したり……。もちろん、地元の人たちの了承を得なければならないので、今すぐというわけにはいかないですけど、ゆくゆくはそんなことが出来たらいいなとおもっています」

いいですねえ。夢が広がりますね!
ちなみに、お店ではどんな料理を出しているのですか?

大島さん
「では、早速召し上がってください! こちらは『漢方和牛の牛すき丼』(1000円)です。14種類のハーブが入った餌で飼育した黒毛和牛を使っているんですけど、脂が上質で胃もたれしないんですよ」

05

うん、めちゃくちゃ柔らかくて、脂が乗っているのにすごくさっぱりしていますね。美味しい!

大島さん
「あとは、残った脂を活用した油そば、名付けて『縁結び天祖そば』も好評です。お客様の中には、『今まで色んな油そばを食べてきたけど、一番美味しかった』とおっしゃってくださった方もいます。他には『濃厚トリュフの卵かけごはん』『お肉の前菜盛り合わせ ブッチャーズミスト』なども人気ですね」

それも是非食べてみたいので、今度また是非伺いますね。
ところで、ずっと気になってたんですけど、なんで提灯が青いんですか……?

06

大島さん
「お店の名前『青ィ印』にちなんでいるんですけど、青色というのは安心<安全/span>、信頼の象徴だと思うんです。私たちは、『50年先もあり続けるお店であれ』という信念のもと、お客様と揺るぎない信頼関係を築いていきたいんですよね。それに、青はラグビーの色でもありますし。ただ、青い提灯は、『オバケが出そう』なんて言われたりして、賛否両論なんです……(笑)」

店内は、「和」のテイストを活かしたオシャレな雰囲気。デートや女子会など、様々な用途に是非とも『青イ印』を利用してみてください。大島さん、ありがとうございました〜!

07

——————-
『青ィ印』
東京都豊島区南大塚3-48-8
03-5927-8837
アクセス JR大塚駅から徒歩3分
営業時間
[月、祝]17:00〜翌0:00 (料理L.O. 23:30 ドリンクL.O. 23:30)
[水〜日]11:30〜翌0:00 (料理L.O. 23:30 ドリンクL.O. 23:30)
定休日 火日曜日

Share (facebook)