大塚新聞は東京・大塚の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

世界中のビールとワイン、そして本格的なジビエ料理が楽しめるお店『Bar&kitchen UD』に行ってきました!

本格的に梅雨入りしましたね〜。
こんな時は、美味しいビールを飲んでスカッとしたいものです。

01

そこで本日紹介するのは、大塚駅北口から徒歩3分のところにあるお店、
『Bar&kitchen UD』
200種のビールと100種のワインを常備し、契約猟師直送のジビエ料理が楽しめるお店です!

大塚新聞
「こんばんは〜!」

02

宇土さん
「こんばんは。ようこそいらっしゃいました!」

こちらが『Bar&kitchen UD』のオーナー/バーテンダーの宇土慎治さん。長崎出身の宇土さんは、ハウステンボスのレストランに勤務した後、上京しバーテンダーなどを経てこのお店を一昨年5月にオープンさせました。

大塚新聞
「とにかく、ビールの種類がハンパないですね〜!」

03

宇土さん
「当店では200種類のビール100種類のワインを用意しており、生ビールは5タップ、それからお店のオリジナルビールなども置いています。こちらはIPAなのですが、苦味が少なく味も柔らかいので、食中酒にも良いと思います」

09
*お店のオリジナルビール

大塚新聞
「それは嬉しい! 料理も充実しているんですよね?」

宇土さん
「そうなんです。ジビエ料理の他、ピザ・パスタ・魚・チーズ類など、ワインやビールに合うオツマミをご用意しております!」

04

大塚新聞
「“ジビエ”とは、フランス料理の用語で『狩猟肉』のことですが、大塚でジビエを楽しめるお店って、まだ珍しいですよね」

宇土さん
「そうですね。当店では契約猟師から旬の食材を直送しているので、鮮度も抜群ですし、獣特有の臭みも少なく、初心者の方でも楽しんで頂けるよう調理しております。他の料理も、一捻りした家庭ではチャレンジしずらい「お店の味」を目指しております 例に上げれば、仕上げに使うオリーブオイルやバターに燻製をかけたりする所でしょうか

大塚新聞
「本格的ですね。バーというと、お酒はたくさん置いてあっても食事は“おつまみ程度”というところも多いですけど、これなら普通に夕飯を食べる感覚でも来られますね」

05
*毎月第一日曜日は「ワンコの日」。犬連れもOKなんだとか!

宇土さん
「お一人でフラッと来ていただくことも、デートで使っていただくことも、お友達やご家族でしっかりお食事していただくことも出来るような、そんなメニュー構成を目指しているんです。なので、『バー』と銘打ってますがチャージも頂いてないんです」

大塚新聞
「それは嬉しい。まさに『使えるお店』ですね。では早速、料理をいただいてもいいですか?」

宇土さん
「はい。では、こちらがハッピーアワーで人気の3点セットトです。『ナスのパテ』や『トリュフ風味のフライドポテト』、『フランスのそら豆フェーブ』など単品500円の料理の中から、ご自由に3点選んで1200円というメニュー。今回は『根菜のピクルス』『山芋のアンチョビ焼』『イタリアンなポテトサラダ』を選ばせてもらいました」

06

大塚新聞
「おお、豪華! 『根菜のピクルス』、根菜の甘さと酢漬けの酸っぱさのハーモニーが絶妙ですね。夏にぴったりのお味。『山芋のアンチョビ焼』は、シャキシャキとした山芋の歯ごたえがたまらないです。『イタリアンなポテトサラダ』は、マヨネーズの代わりに使っているタルタルソースがよく効いていて、とっても濃厚です!」

13

宇土さん
「続いてこちらは自家製ピッツァです。『D.O.C』という、最近人気のピッツァで、トマトソースを使わないので『ピッツァ・ブランカ=白いピッツァ』とも呼ばれています。具はモッツァレラチーズ、フレッシュなトマト、そしてバジルを使っています」

07“大人の味”/>

大塚新聞
「シンプルで“大人の味”という感じですね! ワインやビールにすごく合いそうです」

宇土さん
「そして、こちらが当店の看板メニュー、『鹿のロースト』です」

08

大塚新聞
「あ、鹿肉ってもっとクセがあって硬いのかなって勝手に思っていたんですけど、すごく柔らかいし臭みもほとんどないですね。素揚げしたパセリや、付け合わせのマッシュポテトなどと一緒に食べると、また変化があっていろんな味が楽しめる。美味しい!これならジビエ初心者の方でも楽しめると思います」

宇土さん
「契約している猟師さんは、もともと料理人だった方なので、味付けなど色々アドバイスをいただいているんですよ」

大塚新聞
「今後の目標や抱負などありますか?」

10

宇土さん
「地域密着型のお店にしていきたいですね。大塚はこれからどんどん再開発が進んで、若い方や家族連れの方が増えていくと思うので、そういう方たちに『大塚にもこんな使えるお店があるんだ』って思っていただけるようなお店を目指したい。そのためには当店が、ビールやワインだけでなく本格的な料理も出しているということを、もっと知っていただけるよう頑張ります」

11

宇土さん、ありがとうございました〜!

12

——————-

Bar&kitchen UD
東京都豊島区北大塚1-14-9 宍戸ビル1F
03-6903-4031

【月〜土】 18:00〜翌4:00(LO3:00)
【日】 18:00〜0:00(LO23:00)
定休日 無休

Share (facebook)

大塚マップ

大塚新聞内で特集された情報を紹介しています。