大塚新聞は東京・大塚の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

今年も「大塚商人祭り」が開催されるよ〜!

今年で8回目を迎える「大塚商人祭り」が、10月29日(土)と30日(日)に開催されます。

元々は2008年(平成21年)、JR大塚駅「南北自由通路」の開通を機に始まったこのお祭り、昨年は2日とも天候に恵まれ、来場者数は6万人を超え、売り上げも最高記録となりました。

akind

豊島区商店街連合会の中の「商人祭り」では、最大規模に成長した「大塚商人祭り」、今年も「大塚商人祭り実行委員会」を中心に、大塚北口商栄会、折戸通り商栄会、サンモール大塚商店街(振)、大塚駅南口盛和会、大塚商興会、南大塚商店街(振)と、南北の6商店街が一致団結して開催します。

今年最大の目玉一つが、「キャラクター大集合! in大塚」というイベント。
「お子様と一緒に家族連れが楽しめる」会場作りを目指し、大塚と豊島区にゆかりのあるキャラクター(「すがもん」「としまななまる」「としまくん」「えんちゃん」など)が大集合。

握手会や撮影会など、キャラクターとの「ふれあいタイム」を設ける予定です。

また「手作りゲームコーナー」や、お菓子、風船の配布なども実施。前回は2日間で800人のキッズが集まったそうで、今年も盛り上がること必至です。

さらにJR大塚駅ブースでは、恒例となった「こども駅長制服撮影」も。子供服サイズの駅長制服を着ての撮影が楽しめます(参加無料)。

さてさて気になるブースですが、北口、南口、それぞれに地元の商店街のブース、地方の豊島区と姉妹都市、友好都市を結んでいる市や町の出店ブースが出店されます。初回は45ブースだったのが、今年はついに80ブースまで増えました。

飲食や物産が中心ですが、中にはユニークなブースも。例えば、セントラルウェルネスクラブ上池袋店のブースでは「健康度(体成分)測定」を無料で行なってくれたり、ペンギン堂雑貨店のブースでは、マニアに大人気の「オリジナル都電グッズ」販売をしていたり。

個人的には地酒地ビールを覗きに行きたいところですねぇ〜!

また、開催中は文京高等学校ブラスバンドによる総勢50名のマーチングをはじめ、よさこい、阿波踊り、ライブ演奏など、イベントも盛りだくさん。

大人も子供も、1日中ゆっくりお楽しみいただけるはずですよ。

10月29日(土)と30日(日)は、是非ぜひ大塚へ。『大塚新聞』も遊びに行く予定です〜!

—————
『大塚商人祭り』

開催日
2016年10月29日(土)〜30日(日)
会場
JR大塚駅南北広場・自由通路
最寄駅
JR大塚駅
都電荒川線大塚駅前停留所

Share (facebook)