大塚新聞は東京・大塚の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

都心でキャンプ気分が味わえる? 『カプセルイン大塚』で、人生初のカプセルホテルを体験してきました!

みなさんは、カプセルホテルって泊まったことあります?
実はワタシ、これまで一度も泊まったことがなかったんですよ。
なんとなく「カプセルホテル」って、終電を逃したサラリーマンが仕方なく泊まる、狭くて暗〜い場所っていうイメージしかなかったのです(超、偏見!)。

01

ところが最近、リーズナブルでオシャレ、女性でも利用しやすいカプセルホテルが沢山出来ているそうですよね。外国人観光客からも「クールだ!」と評判なのだとか。

02

あ。
そういえば大塚にもカプセルホテルがあるじゃないですか。
というわけで、臆病なクセに、好奇心だけは旺盛という面倒臭いオッサンが、カプセルホテルに一人で泊まったらどうなるのか? 
『大塚新聞』恒例の(?)、体験レポコーナー。今回はカプセルホテルにトライしてみましたよ〜

03

大塚駅北口を出てすぐのところにある『カプセルイン大塚』です。
受付はビルの4階。
ロビーに着くと、まずは靴を脱ぐところから始まります。
この時点で、カプセルホテル初心者はビックリ。

04

靴を下駄箱に預け、キーを受付に渡すとお部屋(カプセル)のキーと交換してもらえます。

05

しかも、施設内では常にガウン着用が義務付けられていて、ロッカールームで着替えてからカプセルのあるフロアへ行くシステムになっています。

07

なるほど〜。あれですね、「ホテル」というよりは「スパ」とか「温泉」に近いイメージなのかな。
今は夕方の5時。こんなに早いうちからカプセルに入っても、寝るしかなくなっちゃうしな…。
とりあえずチェックインだけ済ませ、外出することにしました。

08

日付も変わった深夜、ホテルに戻ります。
ガウンに着替え、いよいよカプセルのあるフロアへ。

11

おお、これがウワサのカプセル!

09

思ったよりも広い!

10

中に入ってみた。

12

実をいうと、「カプセルホテルの体験レポをしよう!」と思い立ったものの、その日が迫ってくるにつれて徐々に不安な気持ちでいっぱいになっていたんですよね。
「なんでわざわざカプセルホテルに…」
狭いところに押し込められて、気分が沈んだらイヤだな」
怖い人とか、怪しい人とかいたらどうしよう…」
などなど。
どこまでネガティヴなんだwwwwww

でもね、
意外や意外。

なんていうか、気分はキャンプですね!
都心のど真ん中でテントを張っているような、そんなワクワクした気持ちになってきました。
そういえば、小さい頃とか押入れの中に懐中電灯を持ち込んで、その中でマンガを読んだりとかしてたなあ。

狭い空間って、実は落ち着くんですよね。

13

備え付きのテレビ、これは音声とかどうなってるんだろう。周囲の人たちの迷惑にならないのかな。

14

そう思いながら点けてみたところ、音声はテレビ本体から鳴るのではなく、枕元の小さいスピーカーから鳴るのか。なるほど! これなら音量も絞れる。機能的に作られているなあ。

Wi-Fiも完備されているので、スマートフォンはもちろん、パソコンを持ち込んでネットサーフィンも自由自在。タイピングの音が結構響いてしまいそうなので、さすがにカプセルの中でカチャカチャと仕事をするのは難しそうですが。

15

難を言えば、周りの人たちの「イビキ」が結構…いや、かなり気になる!
「カプセルホテル行くなら、耳栓は必須だよ!」と事前にアドバイスをもらっていたのですが、すっかり忘れてしまい。ガウンに着替えてしまうと、「ちょっとコンビニまで買いに行くか」ってのも億劫だし、これは失敗しました。

16

しかも一人のイビキではなく、方々からサラウンド式に聞こえてきますので、気になる人だとちょっと寝られないかも。ワタシは結構、平気だったのですが、深夜3時くらいに突然、隣のオッチャンが寝言を大声で延々と言い出したのにはビックリ。
よりにもよって、自分の隣でそんな事態が起きるとは…。
持ってるなあワタシ\(^o^)/

「睡眠スタイル」って、意識ではコントロールできないじゃないですか。ある意味では本能的というか。見ず知らずの人たちの、様々な「睡眠スタイル=本能的な姿」をいっぺんに観察できる場所でもあるんですね、カプセルホテルって。そう思うと、実に興味深いものがあります。

17

そんなことを考えているうちに、いつの間にか寝てました。

朝になりました。おはようございます。

18

階上には、朝6時半から深夜12時まで利用可能の大広間と大浴場があるというので、さっそく行ってきました。お風呂は広々としていてサウナもあって、人も少なかったのでほとんど貸切り状態!

19

大塚の街が一望できる大広間も超最高〜!

20

そっか、早めにチェックインして、ここで仕事してても良いですな。
朝風呂浴びて、大広間でまったりとしながら今日の予定を確認。う〜ん、なんて優雅なんでしょう。1日、気分良く過ごせそうです。

21

というわけで、人生初のカプセルホテル体験は、とても楽しく快適なものでした。通常のホテルとはかなり違うシステムに最初は戸惑いましたが、なれてしまえば全く問題なさそうだし、もっと上手く活用できそうです。とにかく機能的でシンプルなのも、B型のワタシには合っているかもしれません(笑)。
ビジネスホテルの半額以下で利用できるので、目的に合わせて使い分けてみても良いですね。

22

ちなみに「カプセルイン大塚」は、「男性客限定」でした。

23

よかったら是非、行ってみてください。耳栓はお忘れなく〜!

—————
『カプセルイン大塚』
東京都豊島区北大塚2-15-10  TEL:03-3940-4681
* 男性専用カプセルホテルです。
宿泊料金1泊 3,500円(税込)
(チェックイン 15:00〜チェックアウト 翌日10:00)

●休憩(1)<90分>(6時〜23時)
*延長もできます。(1時間に付き525円(税込)) ・・・・・・・・・ 1000円(税込)
●休憩(2)(10時〜16時) ・・・・・・・・・ 2,100円(税込)
●休憩(3)(14時〜20時) ・・・・・・・・・ 2,100円(税込)

Share (facebook)