大塚新聞は東京・大塚の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

間もなく開催! 話題のライブサーキットイベント『YOIMACHI 2017』の見どころについて、主催者に聞いてきました〜!

以前、『大塚新聞』でもご紹介しました、
ライブサーキットイベント『YOIMACHI 2017』ですが、
開催まであと約1ヶ月を切りました!

01

『YOIMACHI 2017』とは、大塚にあるライブハウス、
「Hearts+」「Deepa」「MEETS」と、プロレスリングステージ(LLPW-X BANK) を使って行われるライブサーキットイベント

昨年11月6日に、記念すべき第一弾『YOIMACHI 2016』が行われまして、
ヒカシューやゆるめるモ!、キノコホテル、オワリカラ…等々、総勢30組以上のバンド/アーティストが出演し、大好評を博したのは記憶に新しいところ。

そして、早くも第2弾となるのが、4月9日に開催される『YOIMACHI 2017』というわけです。

気になるラインナップ、主なところをざっと挙げてみると…

sleepy.ab、MASS OF THE FERMENTING DREGS、Maison book girl、チーナ、Emerald…等々、これまた豪華なメンツが並んでいるのです。

ということで、今回は『YOIMACHI』の主催者の1人である、ライブハウス「大塚Hearts +」のブッキングマネージャー、伊藤大輔さんにお話を伺ってきました。

大塚新聞
「まずは、『YOIMACHI』が元々どのような経緯で開催されることになったのかを教えてください」

06

伊藤さん
「西川口の『Hearts』から、新たにここ大塚で『Hearts+』をオープンすることになり、漠然と「何か大きな音楽イベントをやりたいな」と前々から思っていたんです。普段、ライブハウスやクラブで遊ぶような人たちが、大塚でも遊べるような音楽イベントを作りたいなと」

大塚新聞
「なるほど」

04

伊藤さん
「そうやって考えているうちに4周年を迎えてしまったので(笑)、そろそろ動き出さないと、と思って自分で自分の尻を叩きながら始めた感じです」

大塚新聞
「大塚Heartsさんだけでなく、大塚Deepaや、大塚Meetsという3つのライブハウスを中心とするライブサーキットイベントですが、どんな風に交流が始まったのですか?」

伊藤さん
「最初、どなたとも面識がなかったのですが、ライブを見に行ったり、「Deepa」の中山店長とはお酒を飲みに行ったりしているうちに、ライブハウスはもちろん、スタジオの人たちとも少しずつ仲良くなって。スタジオペンタ」の久家店長も、音楽に詳しくて面白い人なんですよ。それで、「いつか、何かやりたいね」みたいな話は以前からしていたんです」

大塚新聞
「実はライブハウスもリハーサルスタジオも、大塚にはあるんですよね」

03
*ギターウルフとゆるめるモ!がツーマンライブをした時の模様

伊藤さん
「そうなんです。ただ、例えば新宿とか渋谷とか、下北沢みたいにライブスポットとして有名な場所じゃないですよね。なので、なんとかして自分たちの力で、大塚も「ライブスポット」にしていきたいなという思いもあったんです」

大塚新聞
「素晴らしい!」

伊藤さん
「まあ、僕は新参者で、みなさんに協力して頂いているからこそ実現できているようなものですが…!」

大塚新聞
「前回の反応はどうでした?」

伊藤さん
「僕が予想していた以上にお客さんが集まってくれました。ライブも盛り上がったし、概ね成功だったと思います。『YOIMACHI』のホームページに、「来年はぜひ、うちのバンドも出演させてください!」みたいな声が結構集まったり、見にきてくれたお客さんからも「ぜひ続けてください!」と温かい言葉をかけていただいたりして」

大塚新聞
「そして、早くも第2回目が開催されますが、出演が決まっているアクトの見どころなどありましたら教えてください」

伊藤さん
「sleepy.abやMaison Book Girlは、以前『大塚新聞』さんでも紹介していただいたので、まずはレッツポコポコゆるめるモ!の妹分としてデビューしたアイドルグループです。ゆるめるモ!のプロデュース・チームが手がけているので、音楽も本格的ですよ」

伊藤さん
「それからニトロデイ。彼らは昨年の『RO69JACK 2016 for COUNTDOWNJAPAN』 で優勝した高校生バンド。ナンバーガールを彷彿とさせるところがあって、『高校生ながら…』なんてフレーズを入れるのもおこがましいぐらい、本格的なロックバンドです」

伊藤さん
「あとは、歌舞伎のような出で立ちの銀幕一楼とTIMECAFEも、ビジュアル的に楽しめると思います。音は昔ながらの歌謡曲!(笑) 若者から年配の方までオススメしますね」

大塚新聞
「いやー、相変わらずアイドルからロック、そして歌謡曲まで本当にごった煮ですよね」

伊藤さん
「『これとこれを一緒にやったら面白いかな』という目線で常にいますね。前回の『YOIMACHI』では、ヒカシュー×ゆるめるモ!世代を超えた2マン〈ヒカめるモ!〉をやってもらいました」

大塚新聞
「おお、ということは今回も、何かそういうサプライズ企画があるかもしれませんね?」

伊藤さん
「そうですね、ここでしかできないことが出来たらいいなと思っています」

そんなわけで、4月9日に開催される『YOIMACHI 2017』、ぜひとも遊びに行きましょう。『大塚新聞』ももちろん馳せ参じますよ〜!

———–

■ 公演名
YOIMACHI 2017(よいまちにせんじゅうなな)

■公演日時
2017年4月9日(日)雨天決行 ※荒天時は別途アナウンスします。
開場10時30分 / 開演11時00分 / 終演22時00分※予定
当日は、リストバンド引換後、全会場往来自由となります。

■公演会場
大塚複数会場 Hearts+、Deepa、MEETS、プロレスリングステージ(LLPW-X BANK)

■出演アーティスト(第4弾出演アーティストまで)
sleepy.ab、MASS OF THE FERMENTING DREGS、Maison book girl、チーナ、Emerald、絶叫する60度、UQiYO、レッツポコポコ、I love you Orchestra、Healthy Dynamite Club、空中ループ、あヴぁんだんど、じゅじゅ、The Taupe、バスクのスポーツ、オワリズム弁慶、ニトロデイ、NECRONOMIDOL、銀幕一楼とTIMECAFE、逃亡くそタわけ、ポップしなないで、くの一おはぎ一座、Rahulas、S.F-cage、FILMREEL、S.H.E、enn、加賀屋みき、匿名希望、小林未季、カワズ、他
※全40組以上出演予定

■チケット料金
前売券 ¥3,500 + 1ドリンク代

■主催 / 企画 / 制作
大塚 Hearts+

■お問い合わせ先
大塚 Hearts+ 03-5944-5424 (15:00〜22:00)

Share (facebook)

大塚マップ

大塚新聞内で特集された情報を紹介しています。