大塚新聞は東京・大塚の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

「ちょっとシュウマイ食べたいな」と思ったときに、いつでも食べられる。大塚に新しくできた『野田焼売店』が熱い!!

みなさん、こんにちは〜!
「大塚新聞」グルメ部です。

01

最近、大塚に「シュウマイ(焼売)の専門店」がオープンしたの、ご存知でした?
第1号店は駒込にあって、その2号店がなんと大塚に出来たのですよ。
そういえば、シュウマイの専門店って今まであまりなかったですよね? 「ちょっとラーメンでも」とか、「ちょっと餃子でも」みたいな感覚で、「ちょっとシュウマイでも」と思っても、なかなか食べる機会がありませんでした。
こちら「野田焼売店」は、そんなシュウマイファン(!)の願いを叶えてくれるお店なのです!
というワケでさっそく行ってきました〜!

大塚新聞
「こんにちは〜、今日はよろしくお願いします」

02

野田さん
「こんにちは〜、こちらこそ」

大塚新聞
「『野田焼売店』さんの第1号店である駒込店は、昨年8月にオープンしたんですよね。それから1年も経たずに大塚で2号店をオープンさせるなんてすごいです。シュウマイ専門店をやろうと思ったのはどうしてですか?」

野田さん
「もともと僕、シュウマイが好きなんですよ。でも、シュウマイって案外食べる機会がないんですよね。もちろん『崎陽軒』のシュウマイとか、お弁当屋さんに入ってるシュウマイとか、デパートの催事に並んだ蒸し立てのシュウマイとか、時々食べることはあっても、普段はなかなか食べる機会ってないですよね。春巻きもそう」

大塚新聞
「ああ、確かにそう。春巻きとか、小さい頃は家でよく作ってもらったなあ…(遠い目)」

03

野田さん
『そういえばシュウマイ屋さんってないじゃん』って思って。中華料理でいえば、ラーメンとか麻婆豆腐の専門店とか、飲茶の専門店とかたくさんあるのに、シュウマイ専門店はない。だったら作ればいい!と」

大塚新聞
「それはナイスアイデアです。ありがとうございます野田さん!!!」

野田さん
「それで、シュウマイをメインに、麻婆豆腐や担々麺など、他の中華メニューも加えたお店を駒込に出したところ、反応も上々だったので、無事に大塚店もオープンさせることができました」

大塚新聞
「素晴らしいっ!!! そんな『野田焼売店』さんのコンセプトは?」

04

野田さん
「あまり高級過ぎず、かといって庶民過ぎず、中くらいの感じをイメージしています。お昼はサラリーマンの方たちに手早くお出しできるように。夜はもうちょっとゆっくりしていただき、お客さんと会話する時間もあるような、そんなお店にしたいなと。中華料理店にしてはポップな感じで、でもオシャレすぎないというか…。宴会をガッツリやる、というよりも、普段から『ちょっとシュウマイ食べに行こうかな』と、気軽にご利用いただけるようなお店を目指しています」

大塚新聞
「シュウマイはどんなお味があるのですか?」

野田さん
基本のシュウマイはなるべくシンプルに、みんながイメージするシュウマイからなるべく逸脱しないようにしました。バリエーションは、水焼売焼き焼売チーズ焼売などですね」

05

大塚新聞
「ではでは、さっそくお願いします!」

野田さん
「はい、こちらは『焼売盛り合わせ』です。焼売、焼焼売、辛味焼売、チーズ焼売、水焼売などから4種類入っています」

06

07

08

09

大塚新聞
「おお、焼売の皮はモッチモチで、中にジューシーなお肉がぎっしり入ってますね。肉の旨みもしっかりあって、ちょっと懐かしい素朴な味もたまりません。スタンダードはもちろんですが、チーズ焼売もヤバイっすね。ハンバーグもそうですが、肉とチーズの相性はバツグン。それに唐辛子がブッ刺さった焼売もインパクト大! そして、おいしいーーーーー!!!!

野田さん
「担々麺、麻婆豆腐、手羽先、そしてパクチーサラダもどうぞ」

10

11

12

13

大塚新聞
「うひょー! 担々麺にもパクチーが入っているのですね。シンプルイズベストなお味で美味しい! ところで、お昼のオススメは?」

野田さん
「お昼はやはり『焼売盛り合わせ定食』でしょうか。二日に一度の『日替わり定食』は、豚バラのチャーハンや担々麺など、焼売以外の色んなメニューをハーフ&ハーフで組み合わせていますので、是非楽しんでいただきたいです。『Aセット』は、唐揚げや肉野菜炒めなど、普段お昼に食べたくなるようなメニューに焼売1個ついています。プラス100円で焼売が2個つくので、それをお二人で一つずつシェアしていただいてもよいかと!」

大塚新聞
「ご飯とスープはおかわり自由なのですね!」

14

野田さん
「はい、言っていただければこちらでよそいますので、お気軽に!」

大塚新聞
「スタッフ用のTシャツもオシャレですねえ。シュウマイをクリスタルに見立てたデザインがニクイです。店名のロゴもクール!」

02 2

野田さん
「ありがとうございます。着たまま外へ買い出しに行っても、恥ずかしくないデザインにしようと思って作りました。ただ、背中にでっかく『焼売とビール』って入れちゃったんですけど」

大塚新聞
「あははは。やっぱり、シュウマイといえばビールですか?」

15

野田さん
「ビール以外にも、紹興酒や焼酎、日本酒など色んなお酒を用意していますので、お好みのお酒でシュウマイをお楽しみいただけたら嬉しいです!」

野田さん、ありがとうございます!
これからは大塚で「あ、シュウマイ食べたい…!」と思った時は、いつでも『野田焼売店』で食べられるのですね。大塚ってやっぱり最高の街ですなー!

16

—————-

「野田焼売店 大塚店」
東京都豊島区南大塚2丁目36−1
03-5981-8221
営業時間
17:00〜翌2:00
日曜営業
定休日
無休(年末年始のみ休み)

Share (facebook)

大塚マップ

大塚新聞内で特集された情報を紹介しています。