大塚新聞は東京・大塚の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

大塚新聞、初祈祷してきました!

みなさま、あけましておめでとうございます!
昨年は大変お世話になりました。
今年も「大塚新聞」を、何卒よろしくお願いします。

01

実は、「大塚新聞」が創刊したのもちょうど1年前
そう、一周年記念でもあるんですよ
パチパチパチパチ!!
いや〜、めでたい!

ここまで続けてこられたのも、ひとえに皆様のお力添えがあったからこそです。
ご愛読、誠にありがとうございます
2016年も大塚の素敵スポットを、たっくさんご紹介していきますね!

02

そんなわけで、まずは新年のご挨拶をしに天祖神社へ。
はい、熱心な読者の方はもうお気づきですね。
「大塚新聞」はここから始まったんです!

03

今回は「大塚新聞」の繁栄のため、なんと「初祈祷」をしてまいりましたよ!!!

04

こちらが天祖神社の神主さまです。今日はよろしくお願いします!

05

まずは編集長、わたくし記者ともどもお祓いをしていただき、罪けがれを清めていただいたのちに祝詞奏上をしていただきました。

06

祝詞の中に、「大塚新聞」というフレーズを入れていただき感謝感謝…(涙)。

07

その後、玉串の拝礼を…。

08
09

お神酒も授かりました。これが実は一番の楽しみ…あ、いや、その…とても美味しく頂戴いたしましたっ!

11

それにしても、さすが地元に愛される天祖神社。平日のお昼前だったにも関わらず、大塚在住と思しき方たちがひっきりなしに訪れていました。祈祷中も、チャリーンというお賽銭を投げる音、パチ、パチという柏手の音などが聞こえてきて、なんだかほっこりした気持ちになりました。

ちなみに、気になる祈祷の料金ですが、一般的には5千円くらいから3万円までが相場のようです。
今回、「大塚新聞」は1万円でお願いしましたが、もう少し上位コースになると、破魔矢を頂けるみたいです。
ご興味のある方は是非、天祖神社さまに問い合わせてみてください。

そんなわけで、天祖神社さま本日はありがとうざいました!これからも、大塚でおこなわれる行事やイベントなどいろいろ教えて下さい!

12

無事に祈祷も終わり、ちょうどお昼時だったのでスタッフ一同「せんや」さんへ。

13

こちらは「穴子の煮付け定食」

14

わたしは「刺身定食」をいただきました。めっちゃ美味かったです。

15

「大塚新聞」、幸先の良いスタートを切りましたよ〜!

Share (facebook)