大塚新聞は東京・大塚の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

年末スペシャル企画! 「大塚新聞」記者が独断と偏見で選ぶ、この冬おすすめ飲食店6選+番外編(前編)

どうもこんにちは〜!
「大塚新聞」が立ち上がってから、そろそろ1年が経とうとしております。いや〜、めでたい!
わたくし、大塚とは縁もゆかりもなく、「記者」に任命された時には一体どうなることやら…? と不安だらけだったのですが、いざ始めてみたらもう、楽しい楽しい

「大塚って、池袋の隣にある地味〜な街でしょ?」なんて思ってた、去年までの自分をタコ殴りしたいくらい、本当に面白いスポットだということが、取材を重ねるたびにわかってきました。

そんなわけで、「大塚新聞」が2015年に取材した中から、独断と偏見で「この冬に行きたい飲食店6店舗をチョイス!(順不同) 
まずは4店舗、前編として一気に公開します!

ではさっそくいきましょう。トップバッターは…「都電テーブル」

01

「まちにもう一つの食卓を」がテーマのダイニング、「都電テーブル」さんは、都電荒川線「向原」駅から徒歩1分、大塚駅から徒歩6分のところにある「ROYAL ANNEX」というビルの2階にあるお店です。店内はシンプルで清潔感があって、機能的かつオシャレ。無印良品や、D&DEPARTMENTなどを彷彿させる雰囲気で、個人的にもとってもツボなんです。

02

メニューもシンプルかつ素朴…と見せかけて、こだわりがたくさん。食材は主に、早稲田にある『こだわり商店』から仕入れているのですが、ここは店長自らが全国を回り、実際に食べて美味しかったものだけを産地直送・無添加で仕入れているお店。そのため「ロース生姜焼き定食」「ぶりの照り焼き定食」「から揚げ定食」などのメニューも>ヘルシーかつデリシャス!03

スタッフの皆さんも、気さくで明るくて、感じのいい人たちばかり。超オススメのお店ですよー!

———————————-

「都電テーブル」
東京都豊島区東池袋2-6-2 ロイヤルアネックス201
03-6914-0410
営業時間 11:00-23:00(ラストオーダーは22:00)
mail : info@toden-table.com

*年末年始の営業については、公式サイトでご確認ください

———————————-

続いては…「CAFE GOTOO」!!

04

大塚の老舗洋食店「洋食GOTOO」(昭和46年創業)の姉妹店として、大塚駅南口から徒歩5分の場所にオープンしたのがこちら、「CAFE GOTOO」さんです。本店は席数が限られているため(15席)、お昼時は大変混み合ってしまうことが多く、もっと本店の味を気軽に楽しんでいただこう、というのがコンセプト。エビフライが3つも入った「エビフライサンド」や、デミグラスソース入りの「ナポリタン」、トロトロの玉子が入った「オムライス」など、懐かしくも新しい、他ではちょっと食べられないような洋食メニューが並んでおります。

05

私は「オムライス」をいただいたのですが、トマトソースのマイルドな酸味の中で、鶏肉やマッシュルームの味がグッと前に出ていてとっても美味しかったです。もちろん、トロトロ玉子も最高〜!

06

そしてもう一つ、私が大好きなのがこのお店の『特製バナナケーキ』(カット160円/1本1,300円)。素朴な味で、コーヒーやミルクにもピッタリなんですよね。自分用にカットで購入したり、贈り物用に1本まるごと買ったり、時々しています!

————–

カフェ GOTOO 大塚店
東京都豊島区南大塚3-51-2 ボーベル大塚 1F
03-3982-0144
[月〜金]  8:00〜19:00
[土] 9:00〜19:00
定休日 日曜日・祝日

—————-

続きましては…「煮干しそば暁」!!!

07

「煮干し出汁」にこだわったラーメンのお店です。いわゆる魚介系のラーメンって、好き嫌いが分かれるところで、私も今まではどちらかといえば“苦手”な方だったのですが、「暁」さんの「煮干しそば」(800円)を食べて、その既成概念が打ち砕かれました。その秘密は、注文後に一杯ずつブレンドするという、ふくよかで立体的な「トリプルスープ」。その内訳は「魚介系」、「動物系」それから「活ハマグリ」の3種類で、産地から煮込み具合まで、もうとにかく、店長のこだわりがぎゅーっと詰まっているんです。

08

さらに「カエシ(タレの醤油)」は、昆布や椎茸、スルメイカの煮干しなどをとろ火で煮込み、一週間ほど寝かして熟成させたもの。イカはアミノ酸の宝庫だし、昆布のグルタミン酸、椎茸のグアニル酸、煮干しのイノシン酸と、いわゆる『旨味の三大成分』が全て揃ったタレなんですよ。店長の稲田さんは、なんとこうしたラーメンの味付けを全て「独学」で身につけたのだとか。しかも、もっとも影響を受けたのが『美味しんぼ』!とにかく、お話を聞けば聞くほど驚きの連続でした。

09

硬めに茹でた麺は歯ごたえがあり、厚切りのチャーシューも超贅沢! あーこうやって思い出しながら書いてたらまた食べに行きたくなってきた…。

—————
煮干しそば暁
東京都豊島区南大塚1-50-5 コーポ大塚マンション 1F
03-3941-7223
営業時間 11:30〜14:00 18:00〜21:00
定休日 日曜日・水曜日
—————

そしてもう1店舗…「創作麺工房 鳴龍」!!!!

10

「担々麺の常識を打ち破る美味しさ」として、ラーメン通をうならせる有名店です! 実は「鳴龍」さん、「大塚新聞」を立ち上げて最初にうかがった飲食店なんですよ。どこの馬の骨とも分からんような、新規サイトの取材依頼に快く応じてくださった店長の斎藤さんには、感謝してもしきれません! 

11

しかも、厨房にお邪魔させていただき、鶏がらスープが入っている鍋や麺を茹でてる様子、麺切りの様子を逐一撮影までさせてくれて…。お店立ち上げまでのエピソードや、味へのこだわりなど、言葉少なく心は熱く語ってくださったのが今でも忘れられません。

12

もちろん、お味の方もビックリするほど美味しかった!担々麺なのに口当たりはマイルドで、食べ進んでいくうちに体がポカポカ。甘み、酸味、辛味が絶妙に混じり合ったスープも格別でした。パクチーを入れたり、山椒を入れたりしながら、様々な味の変化を楽しめるのも最高です。いやー、暑い日に汗をかきながら食べる担々麺もオツですが、やっぱり寒い日が続く今の時期こそ無性に行きたくなりますねー!

—————
創作麺工房 鳴龍
東京都豊島区南大塚2-34-4 SKY南大塚 1F
03-6304-1811
昼の部 11:30〜15:00
夜の部 18:00〜21:00
ランチ営業、日曜営業
定休日 火曜日(月曜日は昼の部のみ)
—————

いかがだったでしょうか?

後編は残り2店舗+番外編の発表です。お楽しみに〜!

Share (facebook)

大塚マップ

大塚新聞内で特集された情報を紹介しています。