大塚新聞は東京・大塚の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

踊らなければ、夏は終わらない! 今年も大盛況だった「東京大塚阿波おどり2105」のフォトレポートです!

このところ、なんだか急に涼しくなっちゃいましたね〜。
暑いのも大変だけど、なんかこう、一気に夏が終わっちゃった気がして寂しい限りです。夏休みも終わっちゃったし…。
まだまだ「夏の余韻」に浸っていたい! 
そんなわけで、さる8月24日におこなわれた「東京大塚阿波おどり 2015」の模様をどどーんと紹介します!

東京の阿波おどりといえば高円寺が有名ですが、大塚の「阿波おどり大会」も負けてはおりません。今年でなんと、43回目! 大塚はもちろん、地元である大塚をはじめ、板橋区や練馬区、町田市、そして高円寺からも「連=チーム」が大集結! 熱気あふれる踊りを披露してくれました〜!

01

開会のセレモニーが終わり、十文字中高のブラスバンドのパレードが終わるといよいよ阿波おどりの開始です。まずは、かわいいチビッコたちの踊りが地元ではおなじみ、「盛和連」からスタート!

02

第一回から連続出場を誇る盛和連。チビッコ時代からずっと盛和連で踊り続けてきたお兄さん、お姉さんをはじめ、高校生や中学生、小学生、そして3歳のかわいいチビッコ達まで、フレッシュな踊りを披露してくれました〜!

03

こちらも第1回より連続出場している大塚商興連。総勢80名を誇る地元連です! ポーズもバシッとキマってますね!

04

05

パープルの衣装がひときわ目立っていたのは、お祭り好きの職員さんで結成された豊島区役所連。豊島区役所は今年、大塚から都電で二つ目の「東池袋四丁目」駅近くに引っ越してきました。ますます大塚と身近になった、豊島区役所をよろしくお願いします〜!

06

07

08

こちら南大塚ロック連。大塚に本社を置く、株式会社日本ロックサービスが母体となっている連です。ロックはロックでもロックンロールではなく「カギ」の方のロックでしたか!豊島区役所連と同じく衣装が華やかで可愛らしく、とても素敵でした!

09

豊島岡女子学園の阿波踊り部、桃李連。全員女子高生ながら、男踊りと女踊りの違いを最大限表現するなど、こだわりのパフォーマンスで会場を魅了していました!

10

そして!
以前こちらの記事で取材させていただいた新粋連さん、、ついに登場です!

11

阿波おどりの本場、徳島の藍染め「阿波藍」の、鮮やかな青を身にまとい、躍動感あふれる演奏と、力強い男踊り、しなやかな女踊りを披露してくれました〜!

12

お、代表の三田さんが、こちらに気づいてくださった! なんだか感激です!

13

日が落ちるにつれて、会場は盛り上がる一方!踊り手のみなさんの表情も、どんどんいきいきとしてきました!

14

15

16

17

18

いや〜、本当に楽しそう!
見てるうちに、自分も踊りたくてウズウズしてきましたよ…!

19

20

21

22

お、駅前連で踊っているのは、神取忍さんじゃないですか! そう、大塚が地元の神取さんは、毎回こうして「大塚阿波おどり」に参加されているのです。

23

24

いかがだったでしょうか。楽しい雰囲気が少しでも伝わったら嬉しいです。高円寺に負けじと盛り上がる大塚の阿波おどり、来年も是非いらしてください。僕は、次回は踊りで参加したいなあ…。

* 写真は「東京大塚阿波おどり実行委員会」の許諾を得て掲載しておりますが、肖像権に関して問題があるようでしたらご一報ください。

Share (facebook)

大塚マップ

大塚新聞内で特集された情報を紹介しています。