大塚新聞は東京・大塚の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

「楽しく踊ることがテーマです!」 大塚阿波おどりに毎年参加している、「パナホーム連」さんに話を聞いてきました〜!

「楽しく踊ることがテーマです!」 大塚阿波おどりに毎年参加している、「パナホーム連」さんに話を聞いてきました〜!

大塚を愛するみなさん、さる8月27日(土)に開催された、「東京大塚阿波おどり」には行きましたか? 今回はその「東京大塚阿波おどり」に毎年参加している阿波おどりチームの一つ、「パナホーム連」をご紹介します! JR大塚駅より徒歩5分、南大塚通り沿いにある「ビューノプラザ大塚」を拠点に活動している彼らは、毎年この時期になると、1階のショールームを使って熱心にリハーサルをされているとのこと。さっそく潜入レポさせていただきました!
つづきを読む
「傷つくことを恐れない!」 全国155万人の引きこもり予備軍にエールを送るシンガー・ソングライター、イロメガネのワンマンライブが大塚であります!

「傷つくことを恐れない!」 全国155万人の引きこもり予備軍にエールを送るシンガー・ソングライター、イロメガネのワンマンライブが大塚であります!

大塚には素敵なライブハウスがいくつもあるのですが、来たる9月9日に「大塚Hearts+」にて、「イロメガネ」というアーティストがワンマンライブをおこないます! シンガー・ソングライター東 亜優(ヒガシ アユ)さんのソロ・プロジェクトであるイロメガネは、今年5月にセカンド・アルバム「37.2℃」を全国リリースしており、今回はそれを引っさげてのライブとなります。大塚と少なからず縁があるということで、早速お会いしてお話を聞いてきました〜!
つづきを読む
明治時代に産声をあげた老舗のうなぎ屋、『大塚 うなぎ宮川』で夏バテを吹き飛ばそう!

明治時代に産声をあげた老舗のうなぎ屋、『大塚 うなぎ宮川』で夏バテを吹き飛ばそう!

大塚には、明治時代に産声をあげた老舗のうなぎ屋、『大塚 うなぎ宮川』があるのをご存知ですか? JR大塚駅徒歩3分、三業通りの入り口そばにある『大塚 うなぎ宮川』は、築地にある『宮川本店』で修行を積んだ、初代店主の八馬信次郎さんが「暖簾分け第一号店」としてオープンしたお店なのです。昨年11月に、八馬信次郎さんの曾孫にあたる八馬誠さんが店長となり、現在はご家族で切り盛りしているとのこと。早速食べに行ってきました〜!
つづきを読む
江戸の文化を疑似体験! 「マスミ東京」のギャラリーで、本物の甲冑を着てみませんか?

江戸の文化を疑似体験! 「マスミ東京」のギャラリーで、本物の甲冑を着てみませんか?

以前、『大塚新聞』で紹介させていただいた、「マスミ東京」で、現在「武の美 安間コレクション」が開催されています。徳川家ゆかりの甲冑や陣羽織、自然の布の着物や刺繍の着物、能面など”武の美”を紹介しており、最終日となる7月23日(土)には、同会場にて「ゆらびの会〜日本の夏をあそぶ、納涼・縁日・体験 五感で楽しむ日本の美〜」と題したお祭りも行われるのだとか! さてさて、どんな内容なのでしょう?
つづきを読む
大塚が「音楽の街」に変わる1週間、「大塚ミュージックフェスティバル」に行ってきましたよ〜!

大塚が「音楽の街」に変わる1週間、「大塚ミュージックフェスティバル」に行ってきましたよ〜!

少し前のことになりますが、さる5月21日(土)から29日(日)までの1週間、大塚が「音楽の街」になっていたのを知っていましたか? 今年で第8回目を迎えた、「大塚ミュージックフェスティバル」が開催されていたのです。大塚にあるライブハウスやジャズバーはもちろん、いつもの居酒屋やカフェ、レストラン、そしてJR大塚駅の敷地内でも、一流のミュージシャンたちによる生演奏が堪能できる、ゆめのようなひととき。音楽大好きな『大塚新聞』としては、もう居ても立っても居られない! というわけで、29日(日)の午後の時間帯に遊びに行ってきました〜!
つづきを読む
若い世代に大人気の若手落語家、立川志の彦さんによる「落語会」が、大塚のコワーキング・スペースで開催されました!

若い世代に大人気の若手落語家、立川志の彦さんによる「落語会」が、大塚のコワーキング・スペースで開催されました!

『大塚新聞』でも何度か紹介したことのあるコワーキング・スペース「co-ba ROYAL ANNEX」で、さる5月18日に「落語会」がおこなわれました。噺(はなし)家は、立川志の輔さんの五番弟子で若い世代に大人気の若手落語家、立川志の彦さん。この日は「家守」をテーマに、落語ビギナーも楽しめる古典を用意してくださいました。今回はそのときのレポートです。落語の魅力が少しでも伝わったら!
つづきを読む
美味しい料理と美味しい日本酒を楽しむ、大塚ならではのイベントに行ってきた! (後編)

美味しい料理と美味しい日本酒を楽しむ、大塚ならではのイベントに行ってきた! (後編)

以前紹介した、飲食店『都電テーブル』で、5月16日(月)に素敵なイベントが開催されました。その名も.『竹の露酒造 相沢さんと白露垂珠をたのしむ会 @都電テーブル』。山形県鶴岡市にある『竹の露酒造』の銘酒「白露垂珠」と、高田馬場の「こだわり商店」から仕入れた食材、そして、それを使った「都電テーブル」の美味しい料理をとことん楽しんじゃおう!という、日本酒をどこよりも美味しく飲める街、大塚ならではのイベント。『大塚新聞』グルメ担当としては、行かないわけにはいきません! というわけで今回はそのレポート記事(後編)です。
つづきを読む
美味しい料理と美味しい日本酒を楽しむ、大塚ならではのイベントに行ってきた! (前編)

美味しい料理と美味しい日本酒を楽しむ、大塚ならではのイベントに行ってきた! (前編)

以前紹介した、飲食店『都電テーブル』で、5月16日(月)に素敵なイベントが開催されました。その名も.『竹の露酒造 相沢さんと白露垂珠をたのしむ会 @都電テーブル』。山形県鶴岡市にある『竹の露酒造』の銘酒「白露垂珠」と、高田馬場の「こだわり商店」から仕入れた食材、そして、それを使った「都電テーブル」の美味しい料理をとことん楽しんじゃおう!という、日本酒をどこよりも美味しく飲める街、大塚ならではのイベント。『大塚新聞』グルメ担当としては、行かないわけにはいきません! というわけで今回はそのレポート記事(前編)です。
つづきを読む
都心でキャンプ気分が味わえる? 『カプセルイン大塚』で、人生初のカプセルホテルを体験してきました!

都心でキャンプ気分が味わえる? 『カプセルイン大塚』で、人生初のカプセルホテルを体験してきました!

みなさんは、カプセルホテルって泊まったことあります? なんとなく「カプセルホテル」って、終電を逃したサラリーマンが仕方なく泊まる、狭くて暗〜い場所っていうイメージしかなかったんですが(超、偏見!)、最近、リーズナブルでオシャレ、女性でも利用しやすいカプセルホテルが沢山出来ているそうですよね。あ、そういえば大塚にもカプセルホテルがあるじゃないですか。というわけで、大塚駅北口を出てすぐのところにある『カプセルイン大塚』で、一泊してきましたよ〜!
つづきを読む
下町大衆酒場の代表選手「やきとん」が食べられるお店、『やきとん酒場マルコ』に行ってきました!

下町大衆酒場の代表選手「やきとん」が食べられるお店、『やきとん酒場マルコ』に行ってきました!

東京メトロ丸ノ内線「新大塚」駅から徒歩3分のところに、「やきとん」が食べられるお店「やきとん酒場マルコ」がオープンしました。焼き鳥よりもリーズナブルで、部位もたくさんあってバラエティ豊か。戦後のモノが無かった時代に「発明」されて以来、下町大衆酒場の代表選手として親しまれてきた「やきとん」が、美味しく食べられるこちらのお店はいつも大勢のお客さんで賑わっています。きっと、店長さんの並々ならぬこだわりや、工夫が凝らされているに違いない! というわけで、さっそく取材に行ってきました〜!
つづきを読む
キックボクシングで心身ともにリフレッシュ! 『平井道場』の無料体験レッスンを受けてきたよ!

キックボクシングで心身ともにリフレッシュ! 『平井道場』の無料体験レッスンを受けてきたよ!

最近、巷で流行中の「キックボクササイズ」。ボクシングよりも、さらに全身を使うキックボクシングを利用し、ストレス発散しながら心身ともにリフレッシュできるとあって、女性にも大人気だとか。実は大塚にもキックボクシングのジムがあり、初心者からプロ志向の方まで、たくさんの方が通っているようです。もちろん「キックボクササイズ」も受付中! その名も「平井道場」。ん? 道場? ジムじゃないの? さてさて、どんなところなのでしょう〜?
つづきを読む
聴けば必ず病みつきになる? インド音楽の魅力に迫りました(タブラ奏者・指原一登さんインタビュー)

聴けば必ず病みつきになる? インド音楽の魅力に迫りました(タブラ奏者・指原一登さんインタビュー)

以前、『大塚新聞』でも紹介した「マスミ東京 スペースMURO」で、さる4月2日(土)にインド声楽の実力派、モーシン・アリ・カーンさんの来日公演がおこなわれました。大好評を博した昨年の初来日を経ての、再来日ツアー! 最近、糸井重里さんの『ほぼ日刊イトイ新聞』でも特集が組まれるなど、にわかにブームになりつつある(?)インド音楽ですが、実は大塚では結構前から盛んだったりするんです。というわけで、今回は大塚のインド音楽シーン(!)を担うタブラ奏者、指原一登さんにインタビューを敢行しました〜。
つづきを読む
改装リニューアル間近! 大塚で、ゆったりと本格フランス料理が楽しめるレストラン「ビストロ ジュイエー」へ行ってきたよ!

改装リニューアル間近! 大塚で、ゆったりと本格フランス料理が楽しめるレストラン「ビストロ ジュイエー」へ行ってきたよ!

JR「大塚駅」北口から、線路沿いに3分ほど歩いた場所にある「ビストロ ジュイエー」。「大塚で、ゆったりと本格フランス料理が楽しめるレストラン」をコンセプトに、25年以上も営業しているお店です。実は今年の6月か7月に、こちら大々的な改装リニューアルをおこなうのだとか。果たして、どんなふうに変わるのでしょう? さっそく聞いてきました〜!
つづきを読む
ここは「つながり」の生まれるお店。イタリアン料理をベースにした地域密着型のカフェ&バー、「Pokkur(ポックル)」は、いつでもワクワクがいっぱいです!

ここは「つながり」の生まれるお店。イタリアン料理をベースにした地域密着型のカフェ&バー、「Pokkur(ポックル)」は、いつでもワクワクがいっぱいです!

JR「大塚駅」から徒歩6分のところにある、昨年6月にオープンしたカフェ&バー「Pokkur(ポックル)」。自家製のパスタやピザやアヒージョ、ポークのポルケッタなど、イタリアンベースのメニューはどれもとっても美味しいのですが、それだけではありません。貸切パーティーやライブイベント、雑貨販売なども積極的におこなうなど、人と人との「つながり」をテーマにした「地域密着型」のお店なのです。なんだかとっても楽しそう。というわけで、さっそく行ってきました〜!
つづきを読む
一歩入れば、そこはオールド上海! チキンの丸焼きが名物の『上海チキン 大塚 小閣樓』は、異国情緒あふれるワンダーランドです!

一歩入れば、そこはオールド上海! チキンの丸焼きが名物の『上海チキン 大塚 小閣樓』は、異国情緒あふれるワンダーランドです!

JR「大塚駅」南口から徒歩3分のところにある『上海チキン 大塚 小閣樓』は、軒先にはチキンがぶら下がり、一歩店内に入れば、そこはもう「オールド上海」。日本にいることすら忘れてしまいそうなくらい、異国情緒あふれる空間が満喫できる本格中華料理店なのです。名物は、チキンを丸ごと焼いた、その名も「上海チキン」。油をあまり使わない野菜料理の数々も女性に大人気だとか。しかも店主はとってもダンディ! というわけで、レポしてきました〜!
つづきを読む
全国のカレーマニアが足繁く通う、インド創作料理のお店『カッチャルバッチャル』へ行ってきました!

全国のカレーマニアが足繁く通う、インド創作料理のお店『カッチャルバッチャル』へ行ってきました!

全国の「カレー通」が唸る、本格的な「創作インド料理」のお店『カッチャルバッチャル』。JR大塚駅からも、東京メトロ新大塚駅からも、ちょっと歩く場所にありながら毎日「満席状態」の大人気店に、わたくし『大塚新聞』グルメ担当は、以前から取材したくてたまらなかったのですが、遂に! 満を持して登場いただけました。南インド料理の名店『ダバインディア』から独立した店長による、北インド料理をベースにしたメニューはどれも絶品! カレー好きの皆さん、要注目ですよ〜!
つづきを読む
親子が散歩を通して街を知るイベント、「おやこさんぽ」ーー子どもの視点で歩くと、世の中がこんなに新鮮に映るんです!

親子が散歩を通して街を知るイベント、「おやこさんぽ」ーー子どもの視点で歩くと、世の中がこんなに新鮮に映るんです!

『親子が散歩を通して街を知る』をテーマに、ここ豊島区近辺で開催している『おやこさんぽ』。行き先を子どもたちが自由に決めて、親がそれについていく...というシンプルなイベントなのですが、これがとても楽しい! 自分が暮らす街を、子供達の視点で捉え直してみると、こんなにも新鮮な発見が沢山あるんです。今日は、そんな素敵なイベントを企画している方にお話を聞いてきました〜!
つづきを読む
「ちょっとシュウマイ食べたいな」と思ったときに、いつでも食べられる。大塚に新しくできた『野田焼売店』が熱い!!

「ちょっとシュウマイ食べたいな」と思ったときに、いつでも食べられる。大塚に新しくできた『野田焼売店』が熱い!!

最近、大塚に「シュウマイ(焼売)の専門店」がオープンしたの、ご存知でした? 『野田焼売店 大塚店』は、駒込の一号店に続いて今年オープンしたピカピカの新店舗。焼売の皮はモッチモチ、中にジューシーなお肉がぎっしり入った懐かしくて素朴な味は、感激すること請け合いです。シュウマイ以外にも、担々麺や麻婆豆腐、手羽先などが食べられる、お昼にも夕食にも便利なこちらのお店に、さっそく行ってまいりました!
つづきを読む
豊島区の面白い人たちが集まるコミュニティ&イベント、『としま会議』でスピーチしてきたよ〜!

豊島区の面白い人たちが集まるコミュニティ&イベント、『としま会議』でスピーチしてきたよ〜!

豊島区の面白い人たちが集まる、ウワサのコミュニティ&イベント『としま会議』に、な、なんと『大塚新聞』がゲストスピーカーとしてお呼ばれしてしまいました! いつかこの素敵な場所で、登壇出来たらいいなあ...なんて夢見ていたのですが、早くも夢が叶ってしまいました。とはいえ、ちゃんと無事に大役が務まるのか...? 当日の模様をご報告いたします〜!
つづきを読む
酒器を変えれば味も変わる! 日本酒と料理を楽しむ専門店「大塚 はなおか」で、日本酒について学んできました〜!

酒器を変えれば味も変わる! 日本酒と料理を楽しむ専門店「大塚 はなおか」で、日本酒について学んできました〜!

日本酒好きの方なら、「大塚 はなおか」さんをご存知の方も多いかもしれないですね。「日本酒と料理を楽しむ」がコンセプトのこちらのお店は、酒器にも強いこだわりがあり、ガラスや磁器、陶器、木製など、全部で20種類ほどの酒器を置いているのです。お酒に合わせて酒器を変えると、味も劇的に変わるのだとか。さっそく行ってまいりました〜!
つづきを読む
1 / 41234

大塚マップ

大塚新聞内で特集された情報を紹介しています。